【タホ】セブ島ローカル豆腐スイーツを味わう

2019年11月12日(火)  曇りのち雨

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

 

11月もすでに中盤に差し掛かっている。

ついこの前の週末も炎天下の中セブ市内を歩き回っていた。

喉の渇きを覚え、若干疲れて休憩しようかと思っていた矢先、人通りの少ないバックストリートに男性の声が響いた。

タホォォォォォォ!」「タホォォォォォォ!

振り向けばそこにはタホ売りのおじさん。

そう言えば、タホって買ったことないや。

タホとは簡単に言えばフィリピンの豆腐スイーツだ。

【タホ (Taho)】
フィリピンの豆腐スイーツ。絹ごしのような滑らかな豆腐に黒蜜やサゴ(Sago)と呼ばれるタピオカに似たパールと一緒に混ぜたほんのり甘いデザート。インドネシアやタイでは「タウフェ」、マレーシアでは「タウフファ」と呼ばれる。いずれも漢字の「豆腐」「豆腐花」の音訳と思われる。

日刊セブ便りwiki より

年齢が増えるのと反比例するように頭頂部の毛髪が減少を続ける私にとって、豆腐に含まれる大豆イソフラボンは毛髪維持に欠かせない栄養素だ。

つい先日もマボロの豆乳カフェに立ち寄ったばかり。
タホも摂取しておかねば。

こちらを参照:
セブ初!豆乳専門カフェ「豆漿店 Dou Soy Cafe」

タホおじさんは、江戸時代の魚売りのように天秤棒の両端にバケツを担いで路地を練り歩いている。日本ではもはや見ることのない販売スタイルだ。

せっかくなので、タホおじさんを呼び止める。

バケツの蓋を取るとそこには大量の豆腐 = タホが入っている。

タホおじさんは、薄底のオタマでバケツの中のタホの表面付近のものを中心に少しずつすくい上げてプラスチックのコップに入れていく。

見たところとても綺麗な豆腐で、なんだか新鮮に見える。

一通りタホをコップに注ぎ終わると、今度は天秤棒の反対側にある少し小さめの容器を開ける。

そこには黒蜜とサゴの粒が入っている。

タホおじさんはそれらを先ほどとは異なるオタマのようなものを使ってすくい出し、コップの中のタホにかけている。

こうして出来上がったのが、クリーム色で滑らかなタホとそれに絡まるように混ぜられた黒蜜&サゴの粒。

こうして見るとこの色合いはなんだか綺麗だ。
ひょっとしたらインスタ映えするかもしれない。

スプーンもないので、これはこのままコップを傾けて「飲め」ということなのだろう。

一口食べて見ると、タホは出来立てだったようでまだかすかに暖かい。

そして、ほんのりと黒蜜の甘さが口に広がる。

これひとつで20ペソ

ちなみに私は大きいサイズを注文したのでこの値段だが、通常は10ペソ前後だという。

スイーツと書いたがフィリピン人は朝食に食べることも多いそうだ。近所にタホおじさんが来たらマグカップを持参して買いに行くという。

お店とは一味違うフィリピンローカルの豆腐スイーツ、一度お試しあれ。

広告主募集
会社やお店のバナー広告を掲載しませんか。
広告に関するお問い合わせはこちら


linestamp

 

 

 

 

本日も皆様の愛あるクリックをお願いいたします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加https://b.st-hatena.com/js/bookmark_button.js

 

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

【タホ】セブ島ローカル豆腐スイーツを味わう” への1件のフィードバック

追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。